子供に発達障害があることが分かり、児童発達支援について知っていく中でABAに出会いました。

 

発達障害の事実が判明したことはショックでしたが、今は発達障害の理解が深まり支援が広がっているので、希望を捨ててしまうことはありませんでした。勿論、子供の将来に不安がないといえば嘘になりますが、しかし児童発達支援のおかげで助かっているのも確かです。

 

児童発達支援を受けることで、子供が自信をつけていることが分かりますし、笑顔が増えたりコミュニケーション能力が上がっていると実感できています。周りの子供と比べると成長は緩やかですが、着実に大人に向かって成長できているのは間違いないと感じます。

 

また応用行動分析ABAの効果もあってか、思考のまとまりや言葉の出方、コミュニケーションの質の改善が見られます。問題行動は確実に減っていますし、落ち着きが出ているので安心して見守ることができます。

 

外部の刺激に敏感になることもなく、些細なことで喧嘩をしたり暴れることもないので安心です。児童発達支援では挨拶や名前の確認に始まり、言葉のインプットやアウトプット、手指を扱うレッスンがあります。

 

文字や数字を扱うレッスンも用意されているので、様々な角度から子供の能力が磨かれます。1つ1つのレッスンの時間は決して長くないですが、むしろ発達障害のある子供にとっては、集中できる丁度良い時間のようです。

 

常識が身につく上にできることが増えますから、ABAの児童発達支援に出合えて本当に良かったです。

 

てらぴぁぽけっと三郷駅前教室

トップへ戻る