毎日、ひとつひとつの積み重ね

子供は毎日少しずつ学び、毎日少しずつできることが増えていると思います。わたしはいつも一緒にいるから、小さな変化にはなかなか気づきませんが、ふとした瞬間に、「あれ?いつの間にこれができるようになったんだろう」と気づくことが多々あります。

 

特に成長を一番感じるのは行事や学年があがったときです。ついこの前、お宮参りした気がするのに、気づけば七五三のお被布を選ぶ時期になって、いつのまにか当日を迎えたり、幼稚園に慣れるまで泣きながら通って、せつない複雑な気持ちを抱えながら見送っていたのに、友達ができたと喜んで、新しいお歌や踊りを覚えてきたりします。

 

特にうちの娘は、未就園児の親子クラスに参加しても、楽しそうにしているのですが、お友達にはあまり興味がなく、先生に話しかけられるとわたしの後ろに隠れてしまったり、スーパーで選んだおやつを小さな子供用のカゴに入れて、レジで渡すことはできるのですが、話しかけられると恥ずかしそうにしていました。

 

娘が幼稚園にすぐ慣れないだろうとは思っていました。入園前からもうすぐ幼稚園だよ、と絵本を読んでイメージさせていましたが、案の定、初日は大泣きしていました。泣く子も多いとは思いますが、まだまだ一緒にいて、一緒にお昼ご飯食べたいと思うのは母親のわたしも同じ気持ちでした。でもわたしの想像以上に、娘は順応するのが早く、1週間も経てば、笑顔でバイバイして教室に入るようになり、わたしもお迎えの時間に娘から「今日は◯◯したよ!」と聞くことが楽しみになりました。

 

言葉も増え、ひらがなも書けるようになり、クリスマスのお遊戯会で大きな声で歌う娘に涙がポロポロ。子供の成長は本当に早いので、お誕生日を迎えるたびに、無事迎えたことが嬉しくもあり、まだまだ小さいままでいて欲しいせつない気持ちもあります。

 

毎日大変なことの方が多いけど、心から幸せだと思います。

更新履歴
トップへ戻る